活動報告吉田町菅谷地区…

7月17日、関係者多数出席のもと、安全祈願、起工式が菅谷地区で開催されました。当該事業は、担い手への農地の集積・集約化を加速するため、農地中間管理機構が借り入れている農地を、農業者の申請・同意・費用負担によらず島根県が基盤整備をする事業です。

農地の荒廃防止と生産向上を目指す事業であり、とりまとめに当たった錦織満菅谷土地改良組合委員長は6年間に渡った話し合いと、高付加価値農産物をどう育てていくか課題があるが、この地区を守るための決断であると挨拶をされました。

少子高齢化が進む中山間地域では、地域を維持する手段が極めて限られていますが、この英断に心よりエールを送りたいと思います。

「事業概要」

  • 事業名:農地中間管理機構関連農地整備事業
  • 受益面積:24.7ha
  • 総事業費:6億2千8百万円(生産基盤整備)