活動報告「日比谷しまね館」…

4月22日開館を予定されていた「日比谷しまね館」は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開館日が延期となりました。

「日比谷しまね館」について

島根県では2003年より、首都圏における島根県の情報発信拠点として日本橋にアンテナショップ「にほんばし島根館」を展開されていましたが1月末に閉館し、新たに複合商業ビル「日比谷シャンテ」地下1階にオープンするのが「日比谷しまね館」です。

「日比谷しまね館」は日比谷「シャンテ」との親和性を意識し、幅広い世代の女性をメインターゲットに設定。島根県が運営する観光・移住相談コーナーのほか、県産品常設・企画イベント・飲食の3つのゾーンに分かれています。

◎県産品常設ゾーン

日本海の魚介類や宍道湖のしじみなどの島根県特産品のほか「美肌県しまね」の観光プロモーションと連動した化粧品コナーも常設。

◎企画展示イベントゾーン

島根県の「歴史」「芸術」「自然」に触れていただける企画・展示を行います。また、旬の食材の展示やファミリーの目に留まるイベントを行い、「島根に行ってみたい、行ってみよう」という気持ちを高めます。

◎飲食ゾーン

飲食ゾーンでは島根県の地酒を目玉に、県産品にひと手間加えたメニューを提供し、島根の「食」を届けます。店舗内装には4、伝統工芸品の出雲石灯ろうの原材料として知られる「来待石」や、日本三大瓦のひとつで石見地方で生産される「石州瓦」など、島根県産の素材を棚や壁面に使用しています。また、県産品や展示品は「日比谷シャンテ」の主な客層である女性の目線の高さに合わせて配置。

所在地:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ地下1階

店舗面積:264㎡

この施設の開館後、東京にお出掛けの節にはお立ち寄り頂ければと思います。