令和2年度当初予算の概要

令和2年度の当初予算は、人口減少に打ち勝ち笑顔で暮らせる島根をつくる「島根創生」を強力に推進することと、健全な財政運営の両立を図る予算として編成しています。

中山間地域である雲南での暮らし、経済活動に関係する主要なものを紹介します。(【】内は予算額(前年増減)※金額は千万単位で四捨五入)

1:活力ある産業をつくる

  • 水田を活用した園芸の拡大【1億4千万円(+8千万円)】
  • 農林水産業の担い手確保・育成【6億8千万円(+2千万円)】
  • しまね和牛生産振興【1億円(+6千万円)】
  • 商業・サービス業の県外開拓支援【3千万円(+3千万円)】

2:結婚・出産・子育ての希望をかなえる

  • こども医療費負担の充実【1億5千万円(±0円)】
  • 放課後児童クラブ支援事業【6億6千万円(+8千万円)】

※子ども・子育て支援策は、少人数学級編成の基準見直しに加え、上記施策をパッケージで実施し、全体として充実を図ります。

3:地域を守り、のばす

  • 産地創生事業(農林水産業の産地の意欲的な取組支援)【1億8千万円(1億8千万円)】
  • 中山間地域・離島のスモールビジネス(豊かな自然環境や特徴ある資源を活用した地域ビジネス)の推進【6千万円(+3千万円)】

4:島根を創る人を増やす

  • 山陽・関西圏・首都圏の在住者向けUターン促進施策の強化【1億1千万円(5千万円)】
  • 首都圏在住者向けのIターン促進施策の強化【3千万円(+1千万円)】
  • 女性一人ひとりの希望を実現する就業や起業等の支援【1億6千万円(+8千万円)】